白い錠剤

データで効果を見る

  • サプリメント

    40代になると、とたんに感じるのが「ひざ痛」です。
    膝の痛みには大きく分けて、老化に伴う腱の衰えや関節のスムーズさの消失によるものと、歩き方に起因するものがあります。
    この年代になると皮膚のかさつきが目立つようになりますが、これと同じことが膝の中で起こっています。
    関節の柔らかさを保つには、水分を筋肉中に蓄えておく必要があります。
    体内でこれをつかさどっているのがグルコサミンです。
    グルコサミンは、ヒアルロン酸などの保湿物質の複合体で、軟骨内に水分を与え、クッション効果をもたらせます。
    グルコサミンが体内から失われていくと、このクッションが硬くなり、膝を曲げるたびにひっかかりが生じます。
    40代を過ぎると、身体からの排せつが摂取を上回るため、食事によって補給することが必要となります。

    グルコサミンは非常に壊れやすい物質であり、また天然にもあまり存在していないため、長い間サプリメント化は難しいとされてきました。
    最近になって、エビ・カニなどの甲殻類から天然由来の高純度なグルコサミン(硫酸グルコサミン)を効率的に抽出方法が開発され、一般の人に手が届く商品として市販される様になってきました。
    サプリメントで重要なことは、毎日続けるための低コスト化と、飲みやすさ、品質の変わらなさ、そして何より「きちんと効くこと」です。
    ご高齢の方が掛かりやすい膝の変形などを防ぐために、若い人も飲むことができる価格設定が大事であるともいえます。
    国内では100社以上で日々開発が行われており、今日では非常に手の届きやすいサプリメントとなっています。