白い錠剤

健康な足腰の為に

  • バランスボールと女性

    関節の、骨と骨との間のクッションの役割を果たしている部分に軟骨があります。
    軟骨の成分は6割以上が水分です。
    さらにその他にコラーゲンやコンドロイチン、ヒアルロン酸などがあります。
    水分以外のこれらの成分が水分保持をし、クッションの役目を果たしています。
    言うなれば、軟骨とは、水分を吸った弾力性のある、いわばスポンジだと考えて良いでしょう。
    しかし、それこそが人間の関節の重要な役割を担っているのです。

    手足の関節が痛むのは、中高年層で急増する訴えです。
    それもそのはず、関節にある軟骨は、年を重ねるごとに摩耗してすり減って行くものだからです。
    それに加えて、関節がスムーズに動く為に必要な潤滑油なども減っていくのです。
    そのまま行くと、恐ろしい事ですがm軟骨がなくてなり、骨と骨が当たるようになるのです。
    その痛みが中高年層で増加する関節痛というもので、この痛みを和らげる有効な成分がグルコサミンです。

    軟骨成分の元となるのがその効果ですが、さらに現在ある軟骨の修復を促し、痛みを沈めることが、最近の研究で明るみになってきました。
    その為多くの健康食品を扱う企業がグルコサミンを飲みやすいサプリメントとして販売し出しました。
    そんな中、協和発酵という製薬メーカーが始めたのが、既存のサプリメントとは一線を画した「発酵由来のグルコサミン」の研究です。
    一般の健康食品会社では、研究や開発といった分野は行いませんが、元々は製薬会社に薬を製造していた協和発酵は、独自の方法で本当に良いサプリメントを開発する事を思い立ったのです。
    市販されているグルコサミンの多くは、カニやエビの殻からとれる「キチン」を原料にしています。
    なので、甲殻類アレルギーを持つ人は飲めないのが、難点だと言われてきました。
    しかし研究を続ける協和発酵だけは、ある種の微生物が「キチン」を作くれる事を利用し、カニ・エビアレルギーの人でも安心して飲めるサプリメントを作る事に成功しました。
    だからこそ、協和発酵のグルコサミンは通販でも人気なのです。

  • サプリメント

    データで効果を見る

    グルコサミンを取り扱う企業が多くありますが、その中でも異彩を放っている協和発酵。本来は、医薬品原料を製薬会社に販売している企業です。サプリメントの研究をし続けている会社だから出来る事があります。

  • リンゴ

    飲む人の気持ち

    協和発酵が他のグルコサミンとは違うのが、「発酵由来」という点です。エビやカニなどの甲殻類アレルギーの方にも安心のグルコサミンを、という気持ちが協和発酵独自の製法を生みました。

  • 手軽な食事

    何を基準に選ぶか

    グルコサミンを選ぶ上で大切なポイントを、様々な口コミから見てみました。値段や品質だけではなく、特設のWEBページでの情報データ開示など、協和発酵だからこそ出来る、安心への取り組みは、多くの人に評価されています。